2020/07/08
東洋医学♡五行って何や?って話

 

はーい、のむらでーす
詳細プロフィール⇒こちら

 

本日は東洋医学のキホン第三弾!

「五行学説」
のことを、さら~っと
ご紹介しておきますね!

 

悩みの改善を行うときに
この考えをを知っておくと
東洋医学はスピリチュアルとかじゃなく、
ちゃんとした学問なんだ~
とわかります^^
(スピリチュアルが悪いとかじゃないですよ)

 

前記事ともつながるので
ぜひ合わせてよんでみてください^^

自然界と体のバランスは同じという東洋思想♡

陰陽のはなし♡

 

 

木・火・土・金・水が五行の構成要素

 

前回の陰陽論では自然界や人間を陰と陽の
2つの視点でみましたが、
それだけだと厳しくなる部分があるので
それを補う概念がこの五行学説です^^

 

五行なんで、
自然と人間を5つの要素でみるんですね。

 

その5つの要素が

木(もく)

火(か)

土(ど)

金(ごん)

水(すい)

となります。

これらも自然界にあるもの!

 

この1つ1つがそれぞれ性質をもち
互いに影響しあっています。

 

主な特徴は~↓

・・・樹木が枝葉を伸ばし成長していくように。四方に柔軟に広がっていく性質をもつ。

・・・炎や熱のように勢いよく上昇する軽やかさ、ものを燃やす性質をもつ。

・・・養分やミネラルを豊富に含み、いろいろな生命や鉱物が生じるようすから豊潤さや濃厚さといった性質をもつ。

・・・人間の手で形を変えられる金属のようすから従順さや変更、改革といった性質をもつ。

・・・流れる川のように周囲を潤し、冷やしながら下方に流れる性質。

こんなかんじ^^

 

東洋医学ではこういった性質が
人間の体にも存在する!
と考えていて
この要素がバランスよく機能している状態を
「健康」と捉えるんです^^

 

 

生み育てる関係&抑制する関係

 

この五行は

相生(そうせい)

相克(そうこく)
という2つの関連性によって
バランスをとっています。

 

相生とは、

↑のように、

ある要素が特定の要素を生み出す関係のこと

 

木は火を、火は土を、土は金を、金は水を、水は木を・・・
と、要素を生み出していくと考えられています。

 

自然界のイメージだと

木は燃えて火を生み出し、

火は燃えつきると土を生み出し、

土は堆積すれば鉱石(金)を生み、

ある金は水脈を作り水を生み出し、

水は種から芽を育てて木を生み出す。

(最初に戻る、∞ループ・・・)

という感じです。

 

でもこれも、繰り返され過ぎれば
生み出すものが増え続けて
過剰になってしまいます。

 

この相生と反対に働くのが
相克となります。

 

こんな関係↓

ある要素の勢いを抑制して縮小していく関係。

 

自然界のイメージだと、

木は根を張って土の養分を吸い取り、

火の熱が金を溶かし、

土は水を吸収してせき止める、

金属は木を切り倒す、

水は火を消す・・・

のようなかんじですね。

 

 

こうやって相生と相克が
強まったり、弱まったりしながら
全体バランスを保ってるんですねー^^

 

この考え方をもとに
それぞれの要素を人間の体に
あてはめて考えていくんです。

 

人間の体にあてはめると・・・?

この自然界のルールをもとに
どうやって人間で考えるん?
となってくるわけですが。

 

そのへんのルールは
ちゃんと昔の人が考えてくれてる♡(笑)

 

この五行の要素にそれぞれ
人間の部位をあてはめて考えていくんです。

 

人間に関する部分っていっぱいありますよね。

 

内臓や器官、機能や体の変化、
感情、心の動きなど・・・

たくさん。

 

それらいろんなものがこの
五行のどれかにあてはまります。

 

例えば
内臓(五臓)ならば、

木=肝

火=心

土=脾

金=肺

水=腎

などのように、

この要素にはこの機能と関連が深い
というルールがあります^^

 

それらを表にしたものを
五行式体表
というのですが、こんな感じ↓

いっぱいありますよねー^^

これでもほんの一部♡
(学生のときはこれを覚えるのに苦労しました汗

 

この関連する内臓や器官、
感情なども含めて
不調の部位を治療していきます。

 

例えば肝に原因があるならば
目が疲れやすい、だったり
怒りっぽい(イライラしやすい)
(縦の軸で見ているよ)

などの症状がでやすい
という風になるわけです^^

 

そしてもっと深めていくと

先ほどの相生・相克の関連であったり

裏表の関係(陰陽)
だったり、

 

それぞれが影響しあっているので
他の臓器にも影響がでてきます。

 

このあたりを自分用に詳しく
診てもらいたい方は
鍼灸師などの専門家に
みてもらうのがおすすめです。

 

こんな風に、五行をうまく使って
体をみていくと
原因を見つけやすかったり、
改善が早かったりするんですね^^

 

薬やサプリなどの対処法とは
まったく反対の方法ですね!

 

じっくり、しっかり
根本の改善をしていくべき症状が
出ている方におすすめ♡

 

というわけで
長くなっちゃいましたが
五行学説のはなしでした~

 

ではではまたね♡

 

♡LINE@からご予約&ご相談♡
ノムラに直接ご相談したい方はこちらからメッセージにてお話いただけます※女性のみ
ID⇒koharu_salon  検索⇒「鍼灸サロン心春」
ココをクリックで登録★

 

♡心春の過去の人気記事♡
あなただけの体質バランスグラフをお渡しします♡
東洋医学でみた5つの内臓のお話♡
自然界と体のバランスは同じという東洋思想♡
すべての物事は表裏一体?!陰と陽のお話♡

 

過去記事一覧へ

ご予約はこちら 

ページの最上部へ