2020/06/25
自然界と人間は同じ♡という話!スピリチュアルじゃない東洋医学

 

こんにちは、ノムラです^^

 

今日は自然界と人間は同じ

というテーマ!

東洋医学というと、
不思議なもの、スピリチュアルっぽい
というイメージを持つ方もいらっしゃりますが
ちゃんと理にかなっている学問です^^

 

現代医学と観点が全然ちがうので
そう感じるだけ~!

 

自分で自分のケアをするとき、
東洋医学用いた施術を受けるときなど、
このイメージがちょっと頭に入ってるだけで
とても理解しやすかったり、
考えやすくなるので紹介しておきますね♡

 

人の体は自然界と同じ!とは?

 

そもそも東洋医学では

「人間は自然の一部であり、
人間の体の中にも自然界と同じ構造がある」

と考えるんですね。
(これを整体観っていう)

 

例えば、自然界では
熱い空気は上へ上がり、
冷たい空気が下方へと下がる
のはなんとなくわかりますよね。

 

人間の体でも同じで
上半身がほてりやすく、
下半身が冷えやすいという
傾向がありこれは自然界とおなじ。

 

他にも自然界では
水は上から下へ流れるから、
人の体でも同じように
上半身から下半身へ流れる、

 

だから足がむくみやすい、
なども起こりやすいのです^^汗

 

こうやって自然界で起こる現象と
人間の体に起こる現象は
同じ原理原則で生じている
と考えられるんですねひらめき電球

 

自然界のバランス理論で体を考える

 

太陽が大地に熱エネルギーを与えて
それによって海や湖から水分が蒸発し、
雲になってやがて雨を降らす
これ、水の循環ですね^^

これね↓

 

もし、太陽の熱が強すぎたり、
海や湖の水の量が少なすぎれば
大地は完全に干上がるし、

 

太陽の熱が弱すぎたり
水量が多すぎたりすれば
海や湖の水が温まらず
循環できなくなってしまう。

 

「自然」が健全であるには
太陽の熱量と海や湖の水分量のバランスが
とれていないといけない!

 

この自然界の法則も
人間の体内の水分循環にも置き換えれますね^^

 

例えば

水分をあまりとれていない人や
熱を溜め込んでいるひとだと
乾燥体質になりやすかったり、
(干上がっている状態)

 

水分が多すぎる、あるいは
熱が弱すぎるような人は
冷えが強く出たり
する可能性があります。

 

こうやって自然界のバランス理論を
用いて体の状態判断をするのも
東洋医学の特徴です♪

 

これらをもとに、
なんで体に不調がでるのか?
を自然界の法則を意識して考えてみると

薬や外的な刺激で解決できない症状の
根本的な原因や改善するための方法が
見つけやすくなったりするんです^^

 

 

体の症状は自然界のバランスにもあてはまる

 

生理前にめっちゃのぼせたり、
便通が悪くなったりしませんか?

顔は熱いのに足が冷える、
頭痛がする、
肌荒れしやすい、

など、上半身に症状がいっぱい出る、
なんてことはないですか?

 

この原則を意識してみると

体の水分が上の方に
上がってしまってるかも?
と考えやすくなりませんかひらめき電球

 

こうやって自分の体の感覚を

感じていくと改善ポイントが
みつけやすくなりますね!

 

ちなみに上記の症状がある方は
しっかり下半身の方へ
水を巡らせないといけません。

 

水分をしっかりとって、
有酸素運動(ウォーキングとか)
でじわっと汗をかいたりすると
すっきりしますよ^^

 

睡眠や休養ももちろん大事。

ちゃんと「巡らせる」のが大事。

 

この自然界の話は
東洋医学のほんとに根底の部分になり、

この法則をもとに
病気や治療法の理論などが
確立されたんですよ^^

この大原則とともに、

陰陽論(2つの対立した性質とかの話)

五行学説(木・火・土・金・水)

が基本となって
体を考えていくのが東洋医学です。

 

またこれらはご紹介しますね^^

ではまたー♡

 

 

♡LINE@からご予約&ご相談♡
ノムラに直接ご相談したい方はこちらからメッセージにてお話いただけます※女性のみ
ID⇒koharu_salon  検索⇒「鍼灸サロン心春」
ココをクリックで登録★

 

♡心春の過去の人気記事♡
あなただけの体質バランスグラフをお渡しします♡
東洋医学でみた5つの内臓のお話♡

 

過去記事一覧へ

ご予約はこちら 

ページの最上部へ